消防設備等点検や定期報告、貯水槽維持管理などビルのトータルメンテナンスはテックビルケアへ

非常用発電機の負荷試験

非常用発電機の負荷試験

消防設備点検

有事の際に起動するスプリンクラー設備や屋内消火栓ポンプ、排煙機などを動かす力を負荷と呼びます。それらの負荷を擬似的に発生させ、非常時に消防設備が稼働できる実際の発電が出るかを確認するために負荷試験を行います。

負荷試験の必要性

点検は消防用設備等の種類などに応じて、告示で定める基準に従って行います。

負荷試験の実施義務

月次点検等で行なっている無負荷運転(空ふかし)だけを行っていると、エンジン内にカーボンが堆積されます。その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ非常時に発電機が正常に動かず、消火活動に支障が出る怖れがあります。東日本大震災を契機に消防法改正が行われ、年に1回の負荷試験が義務になりました。

負荷試験の実施義務

  • 非常用発電機の長寿命化
  • 不具合箇所の発見・対処
  • エンジン・排気管内をクリーンアップ

非常時に本来の能力を正常に発揮できるように非常用発電機を管理する為にも負荷試験を行う事は非常に重要です。

防火対象物のお見積りはこちら
WEBでかんたん無料お見積り

消防設備点検

特殊設備定期検査
JLA
このページの先頭へ